みわ智恵美

三輪 ちえみ
日本共産党横浜市会議員
駆けある記

2027年横浜花博に影響あり?大阪万博は入札不調、本場オランダで入場者低調

2022年11月29日

大阪万博は、会場整備費が1.5倍に 

当初の1250億円から1850億円へ膨らみさらに…

11月6日付の神奈川新聞に、2025年大阪・関西万博の会場整備事業を巡り「入札不調が相次いでいる」との報道。更なる予算増が想定される。

万博の2年後の2027年には、横浜で国際園芸博覧会=花博が開催される。会場整備には320億円を充てる予定。

本場オランダの国際園芸博覧会

来場者目標の3分のⅠに

花博発祥の地オランダで今年4月~10月に開催された2022年アルメーレ国際園芸博覧会は、農林水産省のホームページによると、期間中の来場者は目標の200万人を大きく下回り、69万人だったと発表されている。

横浜市当局によると、質は良かったが、コロナの影響が大きかったと説明している。

市民がやって良かった

と思える花博に

オランダの花博は会場面積60㌶に対して目標来場者数は200万人。

横浜の花博の面積は80~100㌶で、有料入場者目標1000万人。

オランダと比較しても、規模と有料入場者目標が大きすぎると考える。

今、見直しが必要。

党市議団は、市と博覧会協会に対して、入場者目標の大幅な引き下げを行うこと、貴重な自然や地形を守る計画に見直すなど、具体的な提案、申し入れを行った。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP